アイテム」タグアーカイブ

【Unity】アイテム画像をドロップしたときの処理を他のスクリプトに書く

ドラッグアンドドロップで、インベントリのアイテムを合成して新しいアイテムを作るときや、インベントリのアイテムを消すときの処理を、今まではタグで場合分けしていましたが、UIに付けたスクリプトに書くようにしてみました。 まず… 続きを読む »

【Unity】インベントリのアイテムを合成して新しいアイテムを作る

ドラッグアンドロップでアイテムを合成して新しいアイテムにしてみました。 まず、取得アイテムの情報を持つための、ScriptableObjectを継承したクラスに、合体できるかどうか、合体情報の配列のフィールドとゲットメソ… 続きを読む »

【Unity】ドラッグアンドドロップでインベントリのアイテムを消す

インベントリのアイテム画像をゴミ箱にドラッグアンドドロップして、アイテムを削除できるようにしてみました。 まず、インベントリのスクロールビューと同じCanvasにパネルとテキストを作って画面の下の方に配置しました。 パネ… 続きを読む »

【Unity】UIをドラッグアンドドロップして並べ替える

アイテム画像をドラッグアンドドロップして並べ替えてみました。 カーソルが乗っているUIのオブジェクトを取得して、アイテム画像をクリックしている間は画像がマウスカーソルに付いてくるようにします。アイテム画像にはタグとスクリ… 続きを読む »

【Unity】インベントリのアイテムを操作する

カーソルが乗っているUIのオブジェクトを取得するでインベントリ内のアイテムの情報を取得できるようになったので、アイテムをインベントリから取り出せるようにしてみました。 まず操作を指示するためのドロップダウンのプレハブを作… 続きを読む »

【Unity】アイテムを拾って管理する

拾ったアイテムをインベントリに置いて管理してみました。 まずこちらのサイトを参考にアイテムデータベースを作りました。 アイテム管理クラスでは、スタートでシーン上のインスタンスを静的フィールドに入れて、静的メソッドでそれを… 続きを読む »

【Unity】レイの当たった場所を掴む

アイテムにつけたスクリプトに、レイの当たった場所を掴んで動かす処理を書いてみました。 まずクリックした時に呼ぶアイテムのメソッドの引数に、レイの当たった位置を渡して、アイテムではそれをローカル空間に変換します。メソッドを… 続きを読む »

【Unity】インターフェースを使って簡単にオブジェクトを操作する

イベントでゲームの進行管理をする #3ではアイテムを掴んで動かす処理をプレイヤーのスクリプトに書いていました。それをアイテムのスクリプトに移してみました。 まず、インターフェースでクリックされたときとクリックが離されたと… 続きを読む »

【Unity】アイテムをランダムに配置する

シーンに配置した目印のオブジェクトから、指定の数だけランダムに選んでアイテムと置き換えます。 まずアイテムの赤い球と、目印に使う小さなシリンダーのプレハブを用意しました。 空のゲームオブジェクトを作って、その子オブジェク… 続きを読む »

【Unity】一人称視点でオブジェクトを掴んで移動させる #2

前の記事の勘違いを修正しました。 前の記事では、プレイヤーとItemの正面のなす角が小さくなるように回転させたいのに、内積をそのまま使っていました。 コサインは角度が小さいと1になって90度のときに0になるので、内積を1… 続きを読む »

【Unity】一人称視点でオブジェクトを持ち上げて投げる

左クリックを押している間はアイテムを持ち上げて、右クリックを押すと視線方向にそのアイテムを投げます。 前の記事のスクリプトのアイテムを移動させる箇所に投げる処理を追記します。 // アイテムを移動させる else if … 続きを読む »

【Unity】掴んだアイテムを拡大縮小する #1

前の記事の方法で持ち上げて回転させるアイテムを遠ざけたり近くに寄せたりして観察できるようにします。 アイテムを持ち上げている時にマウスドラッグでアイテムを回転させますが、シフトキーを押しながらドラッグするとアイテムは回転… 続きを読む »

【Unity】掴んだアイテムを回転させる

一人称で掴んだオブジェクトを目の前に持ってきて、マウスドラッグで回転させてみました。 スタンダードアセットのFPSコントローラーのカメラにスクリプトを付けます。 using System.Collections; usi… 続きを読む »