【Unity】VFXグラフのパーティクルの出し方を変える

投稿者: | 2021-05-07

VFXグラフのパーティクルエフェクトの出し方を変えるには、まずスポーンシステムを選択します。

インスペクタを見ると、スポーンに関わる「Loop Duration」「Loop Count」「Delay Mode」の3つの設定が表示されています。

上の2つには、Inifiniteの他に、定数とランダムを選択できます。

Delay Modeでは、ループの前か後、または両方に遅延を置けます。

InfiniteやNone以外を選択すると、ノードUIで値を入力できるようになります。

Loop Durationでは一度のループでパーティクルを出す時間、Delay Before/After Loopでは、その前後の遅延時間を設定でき、それをLoop Countの回数だけ繰り返します。

例えば下のスクリーンショットの場合、まず1秒まってから、次の2秒間でConstant Spawn Rateブロックにより毎秒16個のパーティクルを出し、その後3秒待ちます。

それを3回繰り返すとパーティクルが出なくなります。

無料ホラーゲームを作りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。