【Unity】画像の縁にゲージを付ける

投稿者: | 2020-10-06

画像の縁に簡単にゲージを付けてみます。まずフリー素材サイトなどで背景が透明な画像を用意します。https://www.irasutoya.com/

これをGIMPで開いて、色 -> 色要素 -> チャンネル分解をクリックします。

チャンネル分解で、色モデルをアルファにしてOKを押すと、不透明なところの白いグレースケール画像になります。

このレイヤーを右クリックして、レイヤーマスクを追加します。

白黒の画像の方をクリックしてコピーし、レイヤーマスクをクリックしてペーストします。イカリのマークで適用します。

すると、黒い部分が透明になるのでインポートして、元の画像と一緒にUnityにもっていきます。

インポートした画像を両方選択して、インスペクタでTexture TypeをスプライトにしてApplyします。

シーンにCanvasとImageオブジェクトを新規作成して、ImageコンポーネントのSource Imageに元の画像のスプライトをアタッチします。Preserve Aspectでアスペクト比を維持できます。

Rect Transformで位置を調整して、中央に大きめに表示しました。

このImageオブジェクトを複製して、ヒエラルキーウィンドウで上にある方に、白黒のスプライトをアタッチします。

こちらはScaleを少し大きめにして、Image TypeをFilledにします。Fill Amountの値を変えると、円形に画像を途切れさせることができるので、画像の縁にゲージが付いたように見えます。

縁の太さがまちまちですが、簡単に縁にゲージを付けられました。画像によっては綺麗な縁になります。

後ろの画像だけ見るとこうなります。

Fill Amountの値はスクリプトでも変えられます。

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;


public class GaugeTest : MonoBehaviour
{
    Image image;

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        image = GetComponent<Image>();
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {

        if (Input.GetMouseButton(0))
        {
            image.fillAmount -= 0.02f;
        }
        else
        {
            image.fillAmount += 0.02f;

        }
    }
}

無料ホラーゲームを作りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。