【Unity】状態によってクリック時の処理を変える

投稿者: | 2020-10-04

床の色が白い状態と赤い状態で、プレイヤーがオブジェクトをクリックしたときの処理を変えてみます。処理の変更はプレイヤーとは別のスクリプトで行います。

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class GameScript : MonoBehaviour
{

    [SerializeField] Text text;   
    [SerializeField] Material[] materials;
    [SerializeField] MeshRenderer planeMeshRenderer;
    [SerializeField] UnityStandardAssets.Characters.FirstPerson.FirstPersonController sc_fps;

    float sec;
    int num;

    delegate void Method();
    Method method;

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        text.text = "";
        sc_fps.method += Method1;
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        sec += Time.deltaTime;

        if (sec >= 3)
        {
            sec = 0f;
            planeMeshRenderer.material = materials[++num];

            // 床が白いとき
            if (num == 0)
            {
                
                sc_fps.method -= Method2;
                sc_fps.method += Method1;

            }
            // 赤いとき
            else
            {
                sc_fps.method -= Method1;
                sc_fps.method += Method2;
                num = -1;
            }
        }

    }


    void Method1(GameObject obj)
    {
        text.text = obj.name;

    }

    void Method2(GameObject obj)
    {
        text.text = obj.transform.position + "";
    }

}

クリックしたオブジェクトの名前を表示するものと、位置を表示するものの2つのメソッドを用意して、プレイヤーのスクリプトのデリゲートの中身を状態によって入れ替えています。

状態は3秒毎に切り替わります。床のマテリアルも変えています。

void Update()
    {
        sec += Time.deltaTime;

        if (sec >= 3)
        {
            sec = 0f;
            planeMeshRenderer.material = materials[++num];

            // 床が白いとき
            if (num == 0)
            {
                
                sc_fps.method -= Method2;
                sc_fps.method += Method1;

            }
            // 赤いとき
            else
            {
                sc_fps.method -= Method1;
                sc_fps.method += Method2;
                num = -1;
            }
        }

    }

プレイヤーのスクリプトでは、クリックしたときに短いレイを飛ばして、タグでCubeを見分けて、デリゲートを実行します。

public delegate void Method(GameObject obj);
public event Method method;

// Update is called once per frame
private void Update()
{
    RaycastHit hit;
    if (Input.GetMouseButtonDown(0) && Physics.Raycast(m_Camera.transform.position, m_Camera.transform.forward, out hit, Mathf.Infinity, ~(1 << 9)))
    {

        if (hit.distance <= 2f)
        {
            if (hit.collider.tag == "Item")
            {
                method(hit.collider.gameObject);
            }
        }
    }

event修飾子を付けているので、外部からは加算/減算代入演算子しか使えません。引数にレイが当たったオブジェクトを渡すようにしています。

OnTriggerEnterでも使ってみました。

private void OnTriggerEnter(Collider other)
{
    if (other.tag == "Collider")
    {
        method(other.gameObject);
    }
}

無料ホラーゲームを作りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。