【Unity】はしごを登る #3

投稿者: | 2020-06-24

どの高さからでもはしごに乗れるようにします。また、はしごの上まで来たら自動ではしごを降りるようにします。

前の記事では、地面の近くのはしごに乗る位置に空のゲームオブジェクトを置いていましたが、はしごの終点の少し上に置くことにしました。

これは、Z軸方向をまっすぐはしごに向けて、Y軸をハシゴの長い方の向きに合わせます。はしごをまっすぐ上に立ててから、はしごの子オブジェクトして、Y軸がまっすぐ上を向くように空のゲームオブジェクトを置きます。

そして、はしごに乗るときは、プレイヤーの高さを通って真上を向いたPlaneを作り、空のオブジェクトからそのY軸の逆方向に飛ばしたレイとPlaneとの交点へプレイヤーをワープさせます。

それによって、はしごの上にいるときや、ジャンプしているときでも、その位置からはしごに乗れます。

public bool Warp(Transform t)
{
    if (t.childCount != 1) return false;

    warp = true;
    ladderTransform = t;

    ladderTop = ladderTransform.GetChild(0);

    Vector3 pos = transform.position;
    pos.y += 1f;

    Plane p = new Plane(transform.up, pos);  // プレイヤーの高さにPlaneを作る
    Ray ray = new Ray(ladderTop.position, -ladderTop.up); // 子オブジェクトからのレイ
            

    float enter = 0f;
          
    if (p.Raycast(ray, out enter))
    {
        ladderStartPos = ray.GetPoint(enter);
        m_MouseLook.Warp(Quaternion.Euler(new Vector3(m_Camera.transform.eulerAngles.x, ladderTop.eulerAngles.y, ladderTop.eulerAngles.z)));

        return true;
    }
    else {
        return false;
    }
           
}

また、MouseLookのワープのための関数へ回転値を渡すようにしました。このX軸をカメラの値にすることで、カメラの縦回転を変えずにはしごに乗れるようになりました。

さらに、プレイヤーが空のオブジェクトの近くで上へ移動しようとすると、はしごを降りてプレイヤーの視線の斜め上方向に少し移動します。

if(Vector3.SqrMagnitude(ladderTop.position - transform.position) < 2.6f && m_Input.y > 0)
{

    //m_Input.y = 0f;

    // はしごを降りる
    Climb(false, false, (transform.forward + Vector3.up) * 0.2f);

}

これではしごの登り降りができるようになりました。

詳細はこちら→https://store.steampowered.com/app/1730920/Hatch/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。