【Blender】ノーマルマップを適用してUnityで使う

投稿者: | 2021-01-21

ダウンロードしたノーマルマップをBlenderで適用してベイクしUnityで使ってみました。

Blenderでノーマルマップを適用するときに使うNormal Mapノードのデフォルトの色はスポイトツールで見るとRGB(188,188,255)でした。

このままノーマルマップをベイクすると、ノーマルマップのデフォルトのRGB(128,128,255)になりました。

textures.comでノーマルマップをダウンロードしてシェーダーエディタにドラッグアンドドロップすると、その画像の付いたImage Textureノードができるので、それをNormal Mapノードにつなぎます。すると、見た目が変でした。

この画像の凹凸の無い部分の色もRGB(128,128,255)と同じくらいです。

カラースペースをノンカラーやLinear、Rawにすると治りました。

カラースペースを変えるとUVエディタなどで表示したときの見た目の色も変わります。ノンカラーやリニアに変えるとだいたいRGB(188,188,255)になります。

ノーマルマップのデフォルトの色はRGB(128,128,255)ですが、Blenderで使うときはカラースペースを変えないといけないようです。

次はNormal Mapノードからの接続を切って、テクスチャペイントモードでTexture Slotsの+ボタンからBumpを選び新しいテクスチャを作ります。

すると、自動で新しいテクスチャとNomalの間にBumpノードが作られます。テクスチャのカラースペースは初めからノンカラーになっています。

このときの色はRGB(128,128,128)です。これはカラースペースをsRGBやRawにしても変わりませんが、リニアにするとRGB(188,188,188)に変わります。

カラースペースを変えても3Dビューポートの見た目の凹凸感は変わらないようです。

textures.comでダウンロードしたハイトマップの凹凸の少ないところはだいたいRGB(104,104,104)くらいです。カラースペースを変えてもRGB(171,171,171)くらいで、デフォルトのRGB(128,128,128)とは離れています。

しかし、ベイクすると凹凸の無いところはRGB(128,128,255)になるので気にしなくて良さそうです。

ベイクしたノーマルマップを保存してUnityでインポートしてみます。保存する時にカラーデプスを選べますが、違いはわかりませんでした。

Unityでノーマルマップを使うときは、インスペクタでタイプをNormal Mapにします。

白黒のハイトマップをそのままインポートした場合はタイプを変えた後に、Create from Grayscaleのチェックを入れて、Bumpinessで凹凸具合を設定します。

法線マップ(Normal Map)(Bump mapping) – Unity マニュアル

これでUnityでノーマルマップを使えました。

詳細はこちら→https://store.steampowered.com/app/1730920/Hatch/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。