【Unity】ステルスゲージを作る #1

投稿者: | 2021-01-09

ステルスゲージを作ってみました。敵とゲージをまとめて管理するで敵のいる方向にゲージを表示したのでこれを回転させます。

まず敵のスクリプトのUpdateメソッドで、ゲージのスクリプトにある位置と回転を変えるメソッドを呼びます。

public class TestAgent : MonoBehaviour
{
    NavMeshAgent agent;

    // ゲージ
    public Gauge Gauge{ get; private set; }

    // ...

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        if (!agent.pathPending && agent.remainingDistance < 0.5f)
        {
            GoNextPoint();
        }
        
        // ゲージの位置と回転を変える
        if(Gauge!= null) Gauge.ChangePosRot(transform);

    }

    // ...

}

そのメソッドでは、ゲージの位置を、敵の位置とプレイヤーの向きによって変えます。また、Canvas上のゲージの位置によってゲージの向きを変えて常に中心に同じ側を見せるようにします。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;
using UnityStandardAssets.Characters.FirstPerson;

public class Gauge : MonoBehaviour
{
    RectTransform rt;

    private void Awake()
    {
        rt = GetComponent<RectTransform>();
    }

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        
    }

    // 表示位置をセット
    public void SetPosition(float x, float y)
    {
        Vector2 pos = rt.anchoredPosition;
        pos.x = x;
        pos.y = y;
        rt.anchoredPosition = pos;
    }

    void SetRotation()
    {
        // Imageが表示されている角度(ラジアン)
        float rad = Mathf.Atan2(rt.anchoredPosition.x, rt.anchoredPosition.y);
        //float rad = Mathf.Atan2(rt.anchoredPosition.y, rt.anchoredPosition.x);
     
        Vector3 angle = rt.rotation.eulerAngles;

        // 度数法になおして、Imageの角度のZに入れる
        angle.z = -rad * Mathf.Rad2Deg; 
        //angle.z = rad * Mathf.Rad2Deg;

        rt.rotation = Quaternion.Euler(angle);
    }

    // 色を変える
    public void ChangeColor(Color color)
    {
        Image image = GetComponent<Image>();
        image.color = color;
    }

    // 敵のUpdateで呼ばれる
    public void ChangePosRot(Transform agentTransform)
    {
        // 敵の位置
        Vector3 dir = agentTransform.position;

        // プレイヤーと敵の高さを合わせる
        dir.y = FirstPersonController.GetInstance().transform.position.y;

        // 敵からプレイヤーへの方向
        dir -= FirstPersonController.GetInstance().transform.position;
        //dir = FirstPersonController.GetInstance().transform.position - dir;

        // 方向ベクトルをプレイヤーに合わせて回転
        dir = Quaternion.Inverse(FirstPersonController.GetInstance().transform.rotation) * dir;
        //dir = FirstPersonController.GetInstance().transform.rotation * dir;

        // 長さを一定にする
        dir = Vector3.Normalize(dir);

        // ゲージの位置をセット
        SetPosition(dir.x * 150f, dir.z * 150f);

        // ゲージを回転
        SetRotation();
    }
}

位置を計算するときに、常に中心から同じ距離に表示するようにしています。

回転値の計算では、まずCanvasの中心から上方向と、中心からゲージへの方向との角度をMathf.Atan2で求めます。ゲージを画面と平行に回転させるには、rotationのZ軸の値を増減させるので、Z軸にこの値を入れます。

先に求めた角度はラジアンなので、度数法に治しています。それだけだと逆に回転したのでマイナスを付けました。これでステルスゲージのようになりました。

Mathf.Atan2の引数の渡す値を逆にしてマイナスを付けないと、ゲージの短い辺が中心を向きました。

敵がゲージを持っていて、敵と同時にゲージも追加/削除できます。

無料ホラーゲームを作りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。