【Unity】FPSコントローラーの位置と回転をセーブ/ロードする

投稿者: | 2020-09-30

FPSコントローラーの位置と回転をセーブ・ロードしてみます。

using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement;
using UnityEngine.UI;
using System.Collections;


public class GameScript2 : MonoBehaviour
{
    [SerializeField] Transform player;
    [SerializeField] Text text;
    string filename;
    bool displayingText;
    float textAlpha;

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        filename = Application.dataPath + "/testsavedata3.xml";

        if (System.IO.File.Exists(filename))
        {
            var data = XmlUtil.Deserialize<SaveData>(filename);

            var caracterController = player.GetComponent<CharacterController>();
            caracterController.enabled = false; // キャラクターコントローラーをオフ
            player.position = data.playerPos; // 位置を適用
            player.rotation = data.playerRotation; // 回転を適用
            caracterController.enabled = true; // キャラクターコントローラーをオン
        }
        else
        {
            Save(); // 保存
        }

        textAlpha = text.color.a;
        text.text = "ロード";
        StartCoroutine("DiplayText");
    }

    private void Update()
    {
        if (Input.GetKeyDown(KeyCode.E))
        {
            Save();
            StopCoroutine("DiplayText");
            text.text = "セーブ";
            StartCoroutine("DiplayText");

        }
        else if (Input.GetKeyDown(KeyCode.R))
        {
            SceneManager.LoadScene("TestScene2");
        }
    }

    void Save()
    {
        SaveData data = new SaveData();
        data.playerPos = player.position;
        data.playerRotation = player.rotation;
        XmlUtil.Seialize(filename, data);
    }

    IEnumerator DiplayText()
    {
               
        Color textColor = text.color;
        textColor.a = textAlpha;
        text.color = textColor;
        yield return new WaitForSeconds(.8f);
        
        WaitForSeconds wait = new WaitForSeconds(0.01f);

        while (true)
        {
            yield return wait;

            textColor.a -= 0.03f;

            text.color = textColor;

            if (textColor.a <= 0f)
            {
                text.text = "";
                yield break;
            }
        }

    }
}

ゲームの進行状況をセーブ/ロードするの方法で、プレイヤーの位置と回転をセーブして、Start()でロードします。セーブデータが無ければ今の状態を保存します。

セーブデータがあるときは、キャラクターコントローラーを無効にしてから、ロードした値をプレイヤーのトランスフォームに代入して、キャラクターコントローラーを有効に戻します。

var caracterController = player.GetComponent<CharacterController>();
caracterController.enabled = false; // キャラクターコントローラーをオフ
player.position = data.playerPos; // 位置を適用
player.rotation = data.playerRotation; // 回転を適用
caracterController.enabled = true; // キャラクターコントローラーをオン

そして、Update()でキー入力によってXMLファイルへの書き込みとシーンのロードを行います。

private void Update()
{
    if (Input.GetKeyDown(KeyCode.E))
    {
        Save();
        StopCoroutine("DiplayText");
        text.text = "セーブ";
        StartCoroutine("DiplayText");

    }
    else if (Input.GetKeyDown(KeyCode.R))
    {
        SceneManager.LoadScene("TestScene2");
    }
}

void Save()
{
    SaveData data = new SaveData();
    data.playerPos = player.position;
    data.playerRotation = player.rotation;
    XmlUtil.Seialize(filename, data);
}

これで、プレイヤーの位置と回転を簡単にセーブ/ロードできました。

テキストは、最初のアルファの値を保存しておいて、コルーチンをスタートしたときに、アルファを元に戻し、その後アルファが0以下になるまで小さい値を繰り返し引き続けることで、ゆっくりと消えるようにしています。

    IEnumerator DiplayText()
    {
               
        Color textColor = text.color;
        textColor.a = textAlpha;
        text.color = textColor;
        yield return new WaitForSeconds(.8f);
        
        WaitForSeconds wait = new WaitForSeconds(0.01f);

        while (true)
        {
            yield return wait;

            textColor.a -= 0.03f;

            text.color = textColor;

            if (textColor.a <= 0f)
            {
                text.text = "";
                yield break;
            }
        }
    }

無料ホラーゲームを作りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。