【Unity】HDRPでリアルな布を表現する #1

投稿者: | 2021-07-23

HDRPで使える繊維用のシェーダーで、リアルな布を表現してみます。

サンプルをインポートする

HDRPでは、「Cotton/Wool Shader」や「Silk Shader」のサンプルが用意されています。サンプルが見るにはまずパッケージマネージャーでHDRPの項目を選択します。

右側のSamplesを開くと、下部にマテリアルサンプルがあるので、Importボタンをクリックしてインポートできます。

インポートすると、アセットフォルダの中の繊維のサンプルシーンを見ることができます。

サンプルシーン

サンプルシーンには様々な種類の繊維のマテリアルが設定されたゲームオブジェクトが置かれていて、一つ一つに短い説明が付いています。

布のマテリアルは、近くで見ても細かい繊維の質感があります。

こちら側が常に暗く見えるベルベットのマテリアルもあります。

マテリアルを確認

コットンのマテリアルを見てみると、ベースカラーマップやマスクマップ、ノーマルマップがアタッチされていないのがわかります。その代わりに、「Thread Map」と「Fuzz Map」が付いています。

Thread Mapは、ディテールマップのように、AO、Normal、Smoothnessがパックされたテクスチャです。Fuzz Mapはシングルチャンネルで、細かい毛羽立ちなどのディテールを追加できます。参考:https://docs.unity3d.com/Packages/com.unity.render-pipelines.high-definition@12.0/manual/cotton-wool-shader.html

Fuzz Strength: 最大
Fuzz Strength: 0
Fuzz Strength: 0.087

一人称ステルスホラーゲームをitch.ioで公開しました。

https://nekoromorph.itch.io/hatch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。