Blenderで顔写真を使う

投稿者: | 2020-03-31


Blenderで正面の顔写真を顔のモデルに貼り付けてみました。

顔写真は、AIで顔写真を生成するサイトからダウンロードしました。
https://generated.photos/
商用でなければ無料で使えて、ライセンスの購入もできるようです。

3Dビューポートでテンキーの「1」をクリックして、顔のモデルを正面から見ます。

編集モードで「A」をクリックして頂点を全選択し、「U」-> 「Project From View」でUV展開します。

正面から投影するようなレイアウトになります。

ミラーモディファイアを適用してないので、顔の半分しかありません。

ダウンロードした顔写真を開いて、移動拡大して大体の位置を合わせたあとに、プロポーショナル編集を使って顔写真とモデルがマッチするように、レイアウトを微調整しました。

このままでは、後頭部も正面から投影するようにUV展開したので、後頭部にも顔が映っています。

そこで、適当にシームを付けて、顔の部分の面を選択します。

UVエディターには選択中の頂点だけが表示されるので、これを全選択してピンを付けます。

今度は全選択して、アンラップします。

すると、ピンが付いているところはそのままで、それ以外のところがシームによって分けてUV展開されます。

後頭部の部分は縮小して、適当に髪の部分に配置しました。

後頭部に顔が表示されなくなりました。

この上にカーブなどの髪を付けてみます。

詳細はこちら→https://store.steampowered.com/app/1730920/Hatch/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。