【Blender】ワールド座標系とローカル座標系のちがい

投稿者: | 2022-04-18

Suzanneを追加しました。トランスフォーム座標系パネルで「Global」が選択されているので、右上の軸やグリッドに沿って移動や回転、拡大などの変形ができます。

X軸に沿って移動
Z軸沿って回転

オブジェクトモードでSuzanneを回転させても、変形に使う軸は変わりません。

X軸に沿って移動

トランスフォーム座標系を「Local」に変更してみます。

すると、変形に使う軸の向きがSuzanneの顔と合うように変わりました。

この軸はオブジェクト毎に違います。

オブジェクトを回転させる前はローカル座標系とワールド座標系の軸の向きが一致しています。

オブジェクトモードではオブジェクト座標空間を回転して、軸の向きを変えられるようです。

なので、回転させた後もSuzanneから見て真横や真上方向に沿って変形させることができます。

真横に移動
真上方向の軸に沿って回転

これは斜めのオブジェクトで構成されるものを作るときに便利です。

各オブジェクトをその真横や真上に沿って変形できます。

オブジェクトを回転させたいときに、編集モードですべての頂点を選択して回転させると、ローカルの軸の向きが変わらないので、こういった変形がしにくくなります。

詳細はこちら→https://store.steampowered.com/app/1730920/Hatch/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。